里山ガーデン

 

経緯:里山ガーデンの整備は1998年熊谷宅新築時に始まりました。2006年には里山部分の購入と整備を開始し、「里山ガーデン~里山に囲まれたナチュラルガーデン~」のコンセプトの基で運営しています。公園的な運営をしていましたが2019年12月には姫が丘里山パークの整備に伴いNPOの花緑に関する部門として姫ヶ丘緑の会を設置し、パークの芝生の管理や里山ガーデンにおけるオープンガーデン開催・講習会等の活動を行っています。
里山ガーデンはオープンガーデンのイベント時のみ公開するプラーベートガーデンと常時公開している里山ガーデンエリアに分かれています。里山ガーデンの里山公開エリアでは散策路沿いに春は自然のヤマザクラ、カスミザクラ、コバノミツバツツジ、モチツツジの花が咲いています。秋にはヤマハギの花が咲き、ナンキンハゼ、アメリカフウ、センダンの紅葉が楽しめます。冬になると里山の花壇ではクリスマスローズやツバキの小道の様々なツバキの花が咲いています。里山のビトープではモリアオガエルの卵塊が毎年5月に観察されます。この里山ガーデンは子ども達の自然体験や学びの遊び場としても開放していて、冒険広場(プレ-パーク)が開催されています
里山ガーデンは1998年のガーデンづくり開始後2001年、Webにて初めて庭の公開をしました。2006年には里山部分の整備を開始し現在に至っています。
2022年のオープンガーデン開催日は4月15-17日、及び5月22-24日です。
2020年5月のオープンガーデンでのプライベートガーデンの様子を紹介します。

 


★2001年にWeb公開した熊谷ガーデン(Webオープンガーデン)を再公開(一部動作不良があります)下のボタンをクリックしてください。

PC版のWebとして作成したのでスマホでは表示に少し無理があると思います。音楽ファイルの再生不良あり。

 

里山ガーデンの樹木

里山ガーデンマップ(冒険広場エリア) 里山ガーデン散策路マップ

里山ガーデンの入り口にはNPOの事務所を兼ねた休憩施設と芝生駐車場としても使用可能な芝生広場があります。ここでは7台程度の駐車が可能ですがイベントの際のスタッフ駐車場や車椅子・ベビーカーを使用される方用として使用します。

 

里山広場マップ

2019年から整備を始めた姫が丘里山パークはイベント時の芝生駐車譲渡して使用できるほか、普段は芝生広場として地域の方や子ども達の遊び場として公開しています。姫が丘里山パークには姫路市の市蝶でもあるジャコウアゲハを始め多くの蝶を呼ぶバタフライガーデンがあり、里山の花緑に集まる蝶を含めて大生の蝶が飛び交っています。パークの南側芝生の中には15種類の桜が植栽され3月から4月にかけて花を楽しむことができます。

姫が丘里山パークマップ

姫が丘里山パークはサクラガーデンやバタフライガーデンを備えた公園型駐車場です。

イベント時には駐車場として、通常は芝生広場とサクラや蝶が飛び交うガーデンを備えて、子ども達の遊び場として提供しています。


プライベートガーデン
プライベートガーデンはメインガーデンとバックヤードガーデン、シェードガーデンがあります。バラを中心に様々な花が植栽されています。プライベートガーデンの公開は春と秋の2回を予定しています。プライベートガーデンの東側小道が里山ガーデンへの入り口です
今日のガーデン

イベントのお問い合わせは下記の問い合わせボタンからお願いします。

イベント予定

★2021年10月28日(木)10:00-12:00 バタフライガーデン講習会 終了

講師:橋本敏明氏、シニア種まき隊代表・環境省環境カウンセラー

★香呂南小学校5年生 自然学校にて来訪

★2021年11月7日(日)10:00-12:00 蝶を誘引するバタフライガーデンづくり 終了

講師:嶽山洋志氏、兵庫県立大学大学院緑環境マネジメント研究科 准教授

★花と緑のまちづくり事業イベントについて

 2022年度のプライベートガーデンのオープンガーデン開催は5月22-24日です。

姫ヶ丘緑の会ではオープンガーデン開催や里山ガーデン、里山広場、姫が丘里山パーク、バタフライガーデン等の管理や講習会を行っています。
花緑の講習会開催やオープンガーデン開催において、悪天候等によるイベント等の開催中止については当日の朝6時に気象警報が発令されていることを目安として判断しています。